電解液系電池材料

電解液系リチウムイオン二次電池は、加熱により特定の温度で発熱反応が生じることが知られており、電気自動車やハイブリッド自動車などに搭載する際、安全面に大きな問題を抱えています。

そこで本研究では、TEMを用いて、加熱した試料の電極、電解液における化学組成や微細構造の変化を調べることにより、電池の発熱反応の原因を解明し、車載用電源としてより安全性の高いリチウムイオン二次電池の創出を目指しています。