蓄光型蛍光体材料

SrAl2O4にEu2+およびDy3+を添加した蓄光型蛍光体は、発光が数時間持続する長残光特性や、応力印加により発光する応力発光特性を示し、時計の文字盤照明や応力発光センサーとして応用されています。

本物質において、TEMを用いたその場観察により、平均構造は単斜晶構造でありながら、ナノスケールの局所領域においてドメインの微細化や新たな欠陥構造が生じていることが発見されました。この微細構造の変化が発光特性に与える影響について研究しています。